ホーム > 最新情報 > 星のふるさと館20周年記念講演会

上越市・国立天文台共催
星のふるさと館20周年記念講演会


講演会ポスター(pdf; 380KB)


講演会ポスター(pdf; 200KB)

概要
国立天文台では、これまで10年あまりにわたって活躍してきたすばる望遠鏡に続き、口径30mの望遠鏡 TMT を国際協力によって建設する計画を進めています。「上越清里 星のふるさと館」の開館20周年を記>念し、国立天文台との共催で、TMT 計画をはじめとする天文学の最先端の話題をご紹介します。
主催
上越市教育委員会
共催
自然科学研究機構国立天文台
講演会 1
日時: 2013年8月10日(土) 14:00-16:30
会場: リージョンプラザ上越コンサートホール
申し込み: 事前申込不要
プログラム
第一部:   講演「宇宙の謎に挑む」
          縣秀彦(国立天文台天文情報センター普及室長)

第二部:   講演「次世代超大型望遠鏡 TMT で見る宇宙」
          家正則(国立天文台TMT推進室長)

第三部:   パネルディスカッション
          パネル: 家正則/縣秀彦
          司会: 宮下隆明(国立天文台TMT推進室)

講演会 2
日時: 2013年8月13日(火) 14:00-15:30
会場: 星のふるさと館(プラネタリウム室)
申し込み: 要事前申込(下記「お申し込みについて」をご覧下さい)
プログラム
第一部:   プラネタリウム全天周映像上映
          「グッドナイト・ゴルディロックス」

第二部:   講演「30m 望遠鏡 TMT で見る宇宙」
          青木和光(国立天文台TMT推進室)
お申し込みについて
8月13日(火)の講演会へのご参加は、お電話でお申し込みください。
星のふるさと館 025-528-7227
8月10日(土)のリージョンプラザ上越コンサートホールでの講演会は、お申し込み不要です。