ホーム > 最新情報 > 国立天文台講演会・すばる望遠鏡公開講演会「宇宙最大の爆発を追う」

国立天文台講演会・すばる望遠鏡公開講演会
「宇宙最大の爆発を追う」


講演会ポスター(pdf; 1.2MB)


講演会ポスター(pdf; 880KB)

概要
すばる望遠鏡がこれまでに明らかにしてきた事実、今後のすばる望遠鏡や次世代超大型望遠鏡TMTの課題は何か? 「超新星」「ガンマ線バースト」「元素合成」をキーワードに天文学研究の最前線にご案内します。
主催
自然科学研究機構国立天文台
日時
2013年6月9日(日)13:00-16:00
(開場は午後 12:00)
場所
一橋講堂(学術総合センター内)
東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター2階
地下鉄神保町駅 A8 出口から徒歩3分/竹橋駅 1b 出口から徒歩4分
リンク先: http://jigyou.zam.go.jp/rsvsys/rsv/pdf/pamphlet.pdf
定員/申込
500名(事前申込制、先着順)、参加費無料
以下のページから事前申込を行ってください。
事前申込: http://www.nao.ac.jp/news/notice/2013/20130609-naoj-lecture.html
趣旨
超新星は、重い星が一生の最期に起こす大爆発です。このとき放出される莫大なエネルギーは、銀河の形成と進化に大きな影響を与え、生み出された新たな元素は、多様な物質世界をつくり上げてきました。ところがこの超新星爆発そのものについては、まだ多くの謎が残されています。さらに、強いガンマ線が突発的に放たれる「ガンマ線バースト」現象にも、超新星が深く関わっていることがわかってきました。 すばる望遠鏡はさまざまな視点から、超新星の爆発のしくみやガンマ線バーストの起源に迫る観測を行ってきました。また、超新星などが原動力となって進んできた、宇宙の物質進化の秘密も解き明かそうとしています。これまでにどんな驚くべき事実が明らかになってきたのか、今後のすばる望遠鏡や次世代超大型望遠鏡TMTの課題は何か、天文学研究の最前線にご案内します。
プログラム
13:00 - 13:10    開会あいさつ、講演者紹介
13:10 - 14:00    講演「超新星の謎に迫る」
                 田中雅臣(国立天文台 理論研究部)
14:00 - 15:00    講演「宇宙最大の大爆発、ガンマ線バースト」
                 橋本哲也(国立天文台 TMT推進室)
15:00 - 16:00    講演「元素組成が物語る太古の超新星」
                 青木和光(国立天文台 TMT推進室) 
お問い合わせ
自然科学研究機構 国立天文台 すばる室
〒181-8588 東京都三鷹市大沢2-21-1
電話: 0422-34-3756
詳細と申込ページ: http://www.nao.ac.jp/news/notice/2013/20130609-naoj-lecture.html