ホーム > 最新情報 > 大学共同利用機関シンポジウム 2012 「万物は流転する」

大学共同利用機関シンポジウム 2012 「万物は流転する」(11/17 終了)

国立天文台教授 家正則氏による講演「銀河の誕生 -宇宙の一番星-」並びに、TMT 関連のブースが展示され、多くの方が来場されました。

講演(2) 銀河の誕生 -宇宙の一番星-
家正則(国立天文台TMT推進室長)



137億年前に誕生したビッグバン宇宙。最初の3分間、40万年、 10億年の間に何が起こったのだろうか?宇宙で最初に星や銀河が 誕生したのはいつごろなのか?地球のような惑星はどれくらい あるのか?地球以外にも生命が存在するのか?これらの根源的な 疑問について、これまでの宇宙観を覆す発見が続いています。 銀河が誕生した宇宙の夜明け時代の解明にスポットライトをあて、 その観測に迫る次世代超大型望遠鏡やレーザーガイド星補償光学 などの最新技術についても画像を軸にわかりやすく紹介します。

リーフレット(pdf; 3.2MB)

大学共同利用機関シンポジウム 2012 「万物は流転する」

シンポジウムの様子


TMT 展示ブース全体


来場者の様子と解説する山下卓也教授 (右)

お問い合わせ
大学共同利用機関協議会 広報ワーキンググループ事務局
〒411-8540 静岡県三島市谷田1111
TEL 055-981-6707
E-mail soumu-mail@lab.nig.ac.jp
大学共同利用機関シンポジウム 2012 「万物は流転する」